知ってるワイフ|韓国ドラマの最終回のネタバレと感想は?日本リメイクのラスト予想は?

知ってるワイフ(韓国ドラマ)の最終回ネタバレ
スポンサードリンク

韓国ドラマ『知ってるワイフ』は俳優チソンとハンジミンが主演しているタイムスリップを素にしたファンタジーラブコメディドラマです。

このドラマが2021年、日本でリメイクされて放送されてますよね。

今回は韓国ドラマ「知ってるワイフ」の最終回のネタバレと感想を紹介しますね。「『知ってるワイフ』ってどんな内容のドラマなの?」と気になっている方は、こちらを最後までさらっと読んで頂くだけでどんなドラマかがわかります。

さらに続いて、日本リメイクのラスト予想を書いてみたのでぜひ見てみてください。

韓国ドラマ「知ってるワイフ」の最終回のネタバレは?

いきなりですが、韓国ドラマ「知ってるワイフ」の最終回のあらすじをネタバレしますが、まずは15話までの流れを簡単に紹介しますね。

作品名(邦題)知ってるワイフ
原題(韓国)知ってるワイフ
아는 와이프
韓国放送日2018年 8月 1日 ~ 2018年 9月 20日
韓国放送局韓国tvN
話数日本22話、韓国16話

韓国ドラマ「知ってるワイフ」の最終回までのあらすじは?

こちらが韓国ドラマ「知ってるワイフ」の最終回までのあらすじです。

ウジン(ハン·ジミン)はジュヒョク(チ·ソン)に一目惚れし、ジュヒョクと結婚します。


しかしジュヒョクにはウジンに会う前に愛した女性がいました。

彼女はヘウォン(カン·ハンナ)です。

ヘウォンもジュヒョクが好きでした。

でも二人は縁がなかったのか、ジュヒョクはウジンと結婚することになりました。


その後、結婚したジュヒョクは、育児と職場でのストレスがたまり、ささいなことでも怒りを抑えられないウジンと喧嘩が絶えない結婚生活を過ごしていました。

そんなある日。

ジュヒョクは会社帰りにホームレスから2006年度500ウォン玉2枚をもらうことになります。


コインをもらったジュヒョクはそのコインを通じて過去に戻れるようになります。

ジュヒョクはウジンとの結婚を後悔したので、自分が結婚前に愛したヘウォンと結婚します。

けれども、戻った過去でジュヒョクはウジンと同じ職場で出会います。

ジュヒョクは昔、自分の妻だったウジンを知らないふりをしながら今の結婚生活を楽しもうとしました。

しかし、なぜか認知症になったウジンの母はずっとジュヒョクを‘婿’と呼んでいました。

ウジンはそんな母親を見て、認知症のせいだと思いました。

一方、ウジンは毎日ジュヒョクとの昔の世界線での出会いの夢を見るようになります。

そして無意識に自分を気遣ってくれるジュヒョクに徐々に興味を持ちます。

その後、ウジンは妻がいるジュヒョクに告白します。

告白されたジュヒョクは結局ウジンに過去のことについて話します。

実はこの全ての事実を知っていたウジンの母親が過去に戻れるコインを持っていました。

ウジンの母親はウジンにそのコインを渡しました。

そしてウジンはそのコインを使って過去に戻ります。


では、最終回はどんな結末になったのでしょうか?

韓国ドラマ「知ってるワイフ」の最終回のネタバレは?

韓国ドラマ「知ってるワイフ」の最終回のネタバレはこちらですね。

ジュヒョクが戻った過去で結婚したジュヒョクとヘウォンはお互いに満足することができませんでした。

そしてジュヒョクは運命的に出会ったウジンにまた惹かれます。

結局、ジュヒョクは多くのことを悟ってウジンとまた夫婦になります。

ウジンと一緒に銀行に勤めているジュヒョクは妻ウジンの昇進を心から祝ってくれました。

それだけでなく、自分の妻との倦怠期の悩みを打ち明ける入社同期には「妻の心を覗いてみるように努力して」というアドバイスまでする人になりました。



そうしてまた夫婦になったジュヒョクとウジンは理想的な夫婦の姿を見せながらドラマが終わります。


では、韓国ドラマ「知ってるワイフ」の感想をお伝えしますね。

スポンサードリンク

韓国ドラマ「知ってるワイフ」の感想は?

韓国ドラマ「知ってるワイフ」の感想ですが、

このドラマは現実的な結婚生活を見せてくれて、多くの方々が共感できるドラマと思います。

また、結婚生活において多くの教訓を与えていると感じました。

他の方の感想も紹介しておきますね。


ここで、「知ってるワイフ」の日本リメイク版のラストを予想してみたいたと思います。

スポンサードリンク

「知ってるワイフ」日本リメイクのラスト予想は?

「知ってるワイフ」の日本リメイク版のラスト結末はどのような展開になるのでしょうか?

日本リメイク版は、原作を忠実に描いています。

違いを検証した内容はこちらを読んでみてくださいね。

主役の剣崎元春(大倉忠義)は学生時代に好きだったが、タイミング合わず、デートに行けなかった相手の江川沙也佳(瀧本美織)と結婚します。

一度は夫婦が変わりますが、私の結論としては、韓国の原作と同様、澪(広瀬アリス)と結婚する世界線が描かれると予想します。

日本のリメイク版のキャッチコピーは「過去を変えれば夫婦も変わる」です。

【夫婦も変わる】の意味として、結婚相手が変わるという意味もありますが、夫婦自体の在り方も変わるという意味が込められていると思います。

韓国の原作では、ウジン(ハンジミン)のことをもっと理解してあげられなかった自分が悪かったとジュヒョク(チソン)は認め、最終的に理想の夫婦の形を作り上げました。

この「知ってるワイフ」でのメッセージは過去に戻れば、人生が変わるということを伝えたいのではなく、現在のあなたが変われば、未来が変わるということだと感じています。

ですので、日本のリメイク版でも同じ結末、つまりはこうですね。

現在①・・・元春(大倉忠義)と澪(広瀬アリス)は夫婦(喧嘩が絶えない)

過去・・・元春(大倉忠義)と沙也佳(瀧本美織)は夫婦

現在②・・・元春(大倉忠義)と澪(広瀬アリス)は夫婦(仲が最高に良く理想の夫婦

このように予想しますがいかがでしょうか?

日本のリメイク版がどんな展開になるのか楽しみにしましょう。

スポンサードリンク

韓国ドラマ「知ってるワイフ」の最終回のネタバレまとめ

このドラマは多くの教訓を残してくれました。

女性たちが見るには本当に腹が立つかも知れない作品ですが、心を落ち着かせて見たら、愛をもっと大切に思うことができそうです。

日本版の知ってるワイフの結末は原作とどう変わるのか気になりますね!

ポチッと応援お願いしますね。


韓国ドラマランキング

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA