青春の記録の12話のネタバレと感想は?イソンギョン(チンソウ)のプロフィール(年齢)と出演ドラマは?

青春の記録(韓国ドラマ)の16話(最終回)ネタバレ
スポンサードリンク


今回は韓国ドラマ青春の記録12話のあらすじ(ネタバレ含み),感想を書いてみます。

そして、チンソウ役でカメオ出演のイソンギョンの年齢とプロフィール続いて、出演ドラマをまとめてみたのでご覧ください。

青春の記録の各話のネタバレは以下からご覧ください。

1話 2話 3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
10話 11話 12話
13話 14話 15話
16話
(最終回)
キャスト
一覧
ロケ地

韓国ドラマ「青春の記録」の12話のあらすじ(ネタバレ)は?

ではまず、韓国ドラマ「青春の記録」の概要と12話のあらすじ(ネタバレ)を紹介しますね。

作品名(邦題)青春の記録
原題(韓国)青春記録
청춘기록
韓国放送日2020.09.07
韓国放送局tvN
話数16話

へジュン(パク・ボゴム)は自分と相談せず、ジア(ソル・インア)にキム・スマン記者(ベ・ユンギョン)を紹介し、インタビューをさせたへヒョにみずくささを感じます。

ヘヒョ(ビョン・ウソク)はジアと自分の助けに感謝せず、怒ってばかりいるヘジュンにヘヒョも怒ります。


インタビューを終えたジアは、ヘジュンを訪ねてきます。

ヘジュンはジアに「僕は君が僕の人生に再び登場するのは嫌だ」と言います。

するとジアは「あなたと友達にもなれないことは分かっている。でも他の人があなたに危害を加えるのは嫌だ。 もうあなたに借りはない」と話します。

これにより、かつてヘジュンと二股をかけたことについて、申し訳なく思っていたことを明らかにします。


ジアのインタビュー記事が掲載されます。

ジヌ(クォン·スヒョン)はヘジュンに「ジョンハ(パク・ソダム)が記事を見ても大丈夫か」と聞いてみます。

ヘジュンはジョンハに電話をして一部始終を説明して謝ります。

しかし、ライブ放送でヘジュンとの恋愛事実を明かそうとしたジョンハは心が傷つきます。


ヘジュンの家族もジアのインタビュー記事を見て、ジアに感謝しています。

ヨンナム(パク・スヨン)がヘジュンに対する態度が変わったと感じたキョンジュン(イ・ジェウォン)は「ヘジュンにお金をもらったのか」と聞きます。

すると、エスク(ハ・ヒラ)とヨンナムの表情が妙になります。

そして、エスクは先日のことを回想します。

夕食の支度をしていたエスクは、へジュンからメールを一つもらいます。

それは借金を清算しても余るほどのお金を送金したという内容でした。

これでヘジュンがかつてエスクにぜいたくな暮らしをさせてやるという約束を守ったのです。

エスクとヨンナムは、ヘジュンの世話を十分にすることができず、申し訳ないと涙を流します。


ヘジュンはジョンハに謝るためにジョンハの家を訪ねます。

ジョンハはヘジュンにジアのインタビューを見て「気分が悪かった」と言いだします。

そして、ジョンハには良いところだけ見せたいというヘジュンに、「私が両親なの」と怒ります。

また、「こんなことがあった時、なぜ私と相談しないの」と言って、残念に思います。

ジョンハはヘジュンに君を愛する人々は君の痛みを共有したがると言います。

ジョンハはヘジュンを暖かく抱いてあげ、彼らはお互いの心を確認します。


ドラマ『최초인간』撮影中のヘジュンとチン·ソウ(イ・ソンギョン)

モデルの時から友達としてすごしたへジュンとソウはロマンスドラマを一緒に撮ることになってぎこちないです。

撮影を終えたヘジュンはソウに新しいメイクアップアーティストを紹介すると言って、ジョンハはの番号を教えます。

この時、ヘジュンとソウの姿が映像に収まります。


ジョンハはヘヒョのメイクスタッフとしてドラマ『최초인간』の撮影現場に来ます。

そこでジョンハはとヘジュン、ヘヒョ3人は出会います。

ミンジェマネージャー(シン・ドンミ)はジョンハはに「ヘジュンのスケジュールが多くて、専担メイクアップスタッフが必要なので、ジョンハではなく他の人と一緒にするようになった」と話します。

その時キム·スマン記者はミンジェマネージャーに電話してジョンハとヘジュンの関係について尋ねます。

恐らくキム・スマン記者はへジュンとジョンハの恋愛記事を書こうとしています。


ヘジュンとヘヒョとジョンハは人の視線が届かないところで彼らだけの時間を過ごします。

ヘヒョは“お前たちの恋愛に僕を利用しろ”と言いながらジョンハを自分の方に引き寄せます。

その姿を見たヘジュンはジョンハを自分の方に引っ張って「何してるんだ」と言います。

すると、ヘヒョは”ジョンハが僕のそばにいてこそ利用することだ”と言い、「ジョンハが僕のそばにいても僕のものではない」と話します。

その時、ソウに映像通話がかかってきてます。

ソウはヘジュンと付き合うと言って、ヘヒョに「私の恋人よろしくね」と言います。

ヘヒョはソウが演じる配役に充実していると話します。

だが、ヘジュンはソウが言った言葉を聞いたジョンハが気になって、ジョンハも気になっている様子です。


この後、ジョンハ女優メイクアップのため地方出張に行くことになります。

へジュンの忙しいスケジュールの中でもへジュンとジョンハはお互いに連絡を取り合いながら恋愛を続けていきます。

“Out of Sight, Out of mind
目から離れると心から離れる
堅固だと信じた。
信頼は愛よりずっともろい。”
というジョンハの言葉とともにシーンが変わります。


映画撮影の出張が終わり、家に帰ろうとするジョンハはバス停で雨宿りします。

かつて、雨の日は一人になるようで嫌いだというジョンハに雨の日、一人ではないと言って電話すると言ったへジュンからは何の知らせもありません。

ジョンハはその時のことを思い出してヘジュンに電話をかけます。

しかし、へジュンは東南アジアのファンミーティングに行くために飛行機に搭乗していた状態だったので、ジョンハの電話に出られませんでした。


そんなジョンハの前にヘヒョが傘を持って現われます。

ヘヒョはジョンハを家まで送ってあげます。

家に帰ってきたジョンハは誰かにあがって!と。

ジョンハの家に入ってきたのはヘヒョでした。

以前、ジョンハは家にヘヒョを入れるのを憚っていましたが、今日はヘヒョをプライベート空間に入ったのです。

そして、その時ヘジュンは飛行機の中で物思いにふけった表情で前を見つめます。

スポンサードリンク

韓国ドラマ「青春の記録」の12話の感想は?

こちらが韓国ドラマ「青春の記録」の12話の感想になります。

12話ではジョンハが好きなヘヒョの気持ちがもっとたくさん見えました。

へジュンのことが好きな気持ちが絶対揺れないようだったジョンハも、近くで気遣ってくれるへヒョに気が向くしかないようですね。

へジュンの心は変わっていないようだが、ジョンハの心が変わる姿を見て、へジュンが気の毒に感じました。

13話が気になっている方も多いと思いますが、どんな展開になるのでしょうか?

スポンサードリンク

韓国ドラマ「青春の記録」の13話のあらすじ予想は?

韓国ドラマ「青春の記録」の13話ですが

ヘジュンとジョンハンはお互いのことに専念するが二人の仲は遠ざかっていきます。

ジョンハはヘジュンの将来に自分が被害を与えるようだと感じて、しきりに距離をおきます。

そしてヘヒョがそんなジョンハの力になってあげます。

ヘヒョはジョンハの心がヘジュンにあることを知っているが、ますますジョンハを愛するようになります。


さて、
「ヘジュンの出演ドラマで相手役(チンソウ)をした女優は誰?」
と気になった方もいるかと思います。

チンソウ役を演じたのは、イソンギョンです。それではイソンギョンの出演ドラマを、年齢、プロフィールとともに紹介しますね。

スポンサードリンク

韓国ドラマ「青春の記録」のイソンギョン(チンソウ役)のプロフィール(年齢)と出演ドラマは?

チンソウ役のイソンギョンのプロフィールから見てみたいと思います。

名前イソンギョン(이성경)
本名イソンギョン(이성경)
生年月日1990年08月10日(西暦)
年齢30歳(2020.10.14時)
出身地京畿道高陽市
身長・血液型175cm・B型
デビュー作ドラマ『大丈夫、愛だ』

イ·ソンギョンは2008年SBSスーパーモデル選抜大会に参加しレックス賞を受賞して、モデルとしてデビューしました。
その後、2014年7月にSBSドラマ『大丈夫、愛だ』を通じて本格的に俳優の道を歩み始めました。
ドラマ『大丈夫、愛だ』でイ·ソンギョンは不良少女オソニョ役を演じて熱演を繰り広げました。
また、ドラマ初デビューと同時にポータルサイトリアルタイム検索語1位を記録し、視聴者とネチズンの熱い関心を集めました。

こちらにイ・ソンギョンが今まで出演した作品をまとめてみました。

【ドラマ】

2014年 『大丈夫、愛だ』
2015 年『女王の花』
2016年『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ
2016年『ドクターズ~恋する気持ち』
2016年『恋のゴールドメダル
2018年『アバウトタイム』
2020年『浪漫ドクターキム・サブ2』

【映画】

2016年『 ブローカー』
2018年 『レッスル!』
2019年『ガールズ・コップス』
2020年 『ハートアタック』

普段イ·ソンギョンが背が高いと感じていましたが、やっぱりモデル出身の俳優だからですね?

イ·ソンギョンはドラマだけでなく映画にも出演しながら本当に多様な役割を引き受けてきました。

非常に相反する配役たちの性格をあまりにも立派に演技してくれて作品に没入しながら見られるようにしてくれる良い俳優だと思います。

これからまたイ·ソンギョンがどんな演技を見せてくれるか楽しみです!

こちらはイ·ソンギョンの所属会社のYGエンターテインメントに載っているイ·ソンギョンのプロフィールです。

https://www.ygfamily.com/artist/About.asp?LANGDIV=K&ATYPE=1&ARTIDX=60
スポンサードリンク

青春の記録の各話のネタバレは以下からご覧ください。

1話 2話 3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
10話 11話 12話
13話 14話 15話
16話
(最終回)
キャスト
一覧
ロケ地

韓国ドラマ「青春の記録」の12話まとめ

愛しているが、だんだんズレていくジョンハとヘジュンの姿を見て、とても心が痛かったです。

そして忙しいヘジュンの空席で寂しがるジョンハのそばにいてあげるヘヒョ

ジョンハとヘジュンはお互いの愛を守っていけるでしょうか。

13話の予告を見ると、へジュンがジョンハに「なんで僕じゃなくてヘヒョに電話するのか」って聞く場面が出てくるのを見ると三人の三角関係が水面に浮かび上がっているのではないかと思います。

왜 나한테 전화 안 해?(なぜ俺に電話しないの?)

そして、ドラマの中で登場し続ける「Out of Sight, Out of Mind」の一節は 彼らの愛を予見しているのでしょうか。

次の話が気になりますね。

ポチッと応援お願いしますね。


韓国ドラマランキング

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA